鼻の黒ずみの原因と治し方

クレンジングや洗顔などで一生懸命ケアしているのにニョロニョロと出てきたりひそんでいたり。毛穴の黒ずみに悩み至近距離に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

いちご鼻、ブラックヘッド…なんて思われたくない。

でもわざわざ美容皮膚科に通うのもなかなかできないですよね。自信をもって笑顔でいられるためにも手軽に日常の中でキレイになれる方法を紹介したいと思います。

鼻の黒ずみはなぜできるのか?黒ずみの原因と対策

適当に自己流で対処するよりも、自分の原因を知ったうえでそれぞれの原因にあった対策をしていきましょう。

ニキビや乾燥などで皮膚がダメージを受けることが毛穴の黒ずみの原因にもつながりますが、鼻の毛穴の黒ずみができてしまう主な原因は、「角栓」「メラニン」「うぶ毛」です。

角栓からの黒ずみ

まずは自分の鼻を触ってみてください。
ザラついているなと感じた場合は毛穴が詰まった状態です。このタイプが一番多いです。

毛穴には落としきれなかった汚れや、古くなった角質と皮脂が混ざった角栓が詰まっています。
それが空気にさらされ、酸化することによって黒ずみになってしまうのです。

また、角栓がつまることで毛穴が広がり、キレイにしても広がった毛穴の影が黒く見え目立って見えてしまう場合もあります。
鼻は皮脂の多い部分なので、余分な皮脂を溜め込まないことがとても大切です。

メラニンが原因での黒ずみ

鼻を触ってみてザラつきを感じない場合、メラニンが原因で黒ずんで見えてしまっていることが考えられます。
メラニンはシミなどの原因として有名ですよね。

本来は肌を紫外線などの外的刺激から守ろうとして作られているメラニン。
過剰になったメラニン色素が肌の表面にでてくることで、黒ずみやシミとなることがあります。

紫外線だけでなく、肌の摩擦や肌に合っていない負担となる化粧品などを使い続けることなどもメラニン色素がつくられる原因でもあります。

うぶ毛が原因での黒ずみ

鏡を見てみると毛穴からうぶ毛が生えているのが分かる場合、汚れやシミではなくうぶ毛が原因の可能性があります。

開いた毛穴から黒い点のように見えたり、短く毛が皮膚から透けて黒く見えているのです。
自分なりに一生懸命鼻の汚れなどをお手入れいているのに、なかなかキレイに改善されないとしたら毛穴のうぶ毛によるものかもしれません

鼻の黒ずみ改善は日々のスキンケアが大切

洗顔で老廃物や余分な油分を洗い落とす

洗顔は基本中の基本ですが、実際しっかり洗顔したつもりでも、老廃物や余分な油分などがきれいに落とせていない場合があります。

ポイントとしては、洗顔する時はぬるま湯で洗顔するようにします。または蒸しタオルを使って、1分ほど顔にあててからやると毛穴が開きますのでおすすめです。

また、しっかり落とそうと力をいれて擦りすぎては保湿力を奪ってしまったり、逆に皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が増え肌へ負担となる可能性があります。

やはり、肌へのクッションとなる泡が重要です。卵一個分を目安にきめ細やかに泡立てましょう。
肌に触れるか触れないか程度の力加減で、泡で転がすように優しく洗う感覚を身につけてください。

洗顔料のタイプですが、ペースト状クリーム状のものは、洗顔料に含まれる油分などが肌に残りやすいので、昔ながらの固形タイプの方が、すすぎ後さっぱりと皮脂や汚れを落として肌に弊害となるものを残しません。

化粧水

導体入りの化粧水がオススメです。
種類も複数ありますが、成分表示に下記の成分いずれかが記載されているものを使用しましょう。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • リン酸アスコルビルMg
  • 3−Oエチルアスコルビン酸
  • アスコルビルビン酸

ビタミンC誘導体化粧水は、シミやシワにも働きかけるため、ぜひ常備を!

あぶらとり紙

皮脂は毛穴の黒ずみだけでなく、酸化してシワやシミなどの肌老化を促進するので、日中の手軽に行える対策としてあぶらとり紙をおすすめします。

繊維の荒いティッシュよりもあぶらとり紙の方が断然肌に優しいです。

ポイントは、額から鼻のTゾーンを中心に皮脂が浮き始めたら、擦るのではなく押さえるように。
金箔打紙製法と呼ばれる加工製法で作られたあぶらとり紙が密度が高く吸着力に優れています。

酵素洗顔も意外とおすすめ

一般的な洗顔料は皮脂にはとても効果的なのですが、タンパク質でできている角質までは落としきれません。
そこでオススメなのが、タンパク質を分解する酵素洗顔料です!
角質詰まりを予防するだけでなく、皮脂を柔らかくする効果があり、毛穴が詰まりにくい状態へと導いてくれるのです。

注意したい鼻の黒ずみケア

良かれと思って黒ずみケアが、反って悪い方向に進んでしまう場合があります。

毛穴パックで角栓を取っても毛穴のサイズは変わらない

鼻に貼って剥がすタイプの毛穴パックが市販でよく売られていますが、その取れ具合が書いてき過ぎて病みつきになっていたりしませんか?

毛穴パックは使い過ぎると毛穴が余計に目立ってしまうこともあります。

角栓をパックで根こそぎ引き出すということは、皮脂を刺激することになります。
これを繰り返すことで毛穴がより広がってしまいます。

毛穴パックで詰まりを取っても、必ずしも毛穴が小さくなるわけではないため、しっかり治したい場合は、専用美容液などで少しづつきれいにしていくと良いです。

オイルでのお手入れ

クレンジングオイルを使ってクレンジングする場合は、あまり時間をかけすぎないようにしましょう。目安は1分くらいです。

長時間のクレンジングは、肌に負担がかかっていることがあります。

また、クレンジング後はオイルの油分が残りやすいので、すすぎはしっかり小まめにやるように意識してみてください。

鼻の黒ずみがきれいに無くらない場合

専用の美容液を使ってみる

鼻の黒ずみをケアしてくれる専用の美容液があります。こういった美容液は黒ずみを除去してくれるのはもちろん、その後の保湿やターンオーバーを良くする成分が入っていたりするので、黒住が出来にくくする働きもあります。

美容外科クリニックなどで診てもらう

確実な方法として美容外科クリニックなどで一度診てもらうのもいいかもしれません。

毛穴の黒ずみを少しでも除去したい場合には、レーザー治療などが使われているようです。

ただ、鼻の黒ずみは皮膚疾患などの病気とは違うため自由診療(保険適用外)になるため高額になってしまいます。また通うために時間を割かないといけないデメリットがありますが、確実な方法を選ぶなら医師に診てもらうのも一つの手かもしれません。

医薬部外品の黒ずみケア商品がおすすめ

黒ずみケア商品の中に医薬部外品に認められている商品があります。これは通常の化粧品とは違って、効果がある成分を使っている商品です。

ですので、美容液を選ぶ時はただの美容液ではなく「医学部外品」に認められている商品を選ぶと良いです。

鼻の黒ずみケア商品選びで押さえておくべき4つのポイント!

鼻の黒ずみを手っ取り早く治すには、黒ずみ専用ケア商品がおすすめですが、どれを選んでいいかわからないという方もいると思います。

「安い商品を選ぶと治らないのでは?」とか「高い商品は経済的に負担が大きい」などなど人それぞれだと思います。

でも大丈夫です。4つのポイントさえ押さえておけば、間違いのない自分に合った鼻の黒ずみケア商品を選ぶことができます。
医学部外品であること
医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を使用されているものを指しますが、鼻の黒ずみを治したい場合は「医学部外品」と表記されている商品を選びましょう。

「医薬部外品」表記が無い場合は、化粧水と同じように予防するくらいの効果しかありません。「医薬部外品」以外にも「医薬品」という分類がありますが、「医薬品」は医師が処方する薬なため簡単に手にすることができません。

人気の黒ずみケア商品であること
人気であるかどうかの見分け方は、「雑誌」や「メディア」に取りあがられている実績があることが大切です。

またリピート率の数値も80%以上あるかどうかでも人気かどうか判断することができますので、「雑誌やメディアで取りあがらられている」「リピート率が80%以上ある」この二点で判断すると良いです。

使いやすい続けられる価格であること
鼻の黒ずみは、数日で治せるものではないため、1ヶ月、2ヶ月と少しづつ治していく必要があります。毎日ケアしていくため使いやすいものであるか、数ヶ月続けられる価格である必要があります。

返金保証が付いていること
商品によっては、ご自身の肌に合うものや合わないものがあります。万が一肌に合わなかった場合や効果が感じられない場合も想定して、返金保証が付いている商品を選ぶことをおすすめします。

商品によって返金保証の条件が違ったりしますので、購入前に一度確認しておくと安心かと思います。

まとめ

肌が白い方ほど黒ずみは目立ちます。鼻の黒ずみや角栓はちょっとしたことですぐできてしまう症状です。

しっかり洗顔をしていても改善しない場合もあります。そういった場合は専用の美容液を使ってみたり、洗顔商品を変えてみたりしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です