ニキビ(吹き出物)を治す方法

あご周辺の肌は、意外とデリケートなため、ちょっとしたことでニキビなどの吹き出物ができてしまいます。ニキビができてしまう多い原因は、下記になります。

ホルモンバランスの乱れ
スキンケア(水分)不足
手や髪の毛、髭剃りなどによる外的刺激
吹き出物は、一度できてしまうと次から次へとできてしまうことがあります。これは、しっかり原因を突き止めて、生活習慣を変えなければ治らなかったりするものです。
もし、あなたも吹き出物で悩まれているのでしたら、自分の吹き出物は何でできてしまったのか原因を探ってみましょう。

ホルモンバランスの乱れ
女性の方で、生理前に顎ニキビがたくさんできてしまう人は、ホルモンバランスの乱れによる吹き出物かもしれません。
肌は、40日前後で新しい肌に生まれ変わっていきます。これをタウンオーバーと言ったりしますが、ホルモンバランスが崩れると、このタウンオーバーが上手くいかず、古い角質が毛穴を塞いでしまい、そして吹き出物になったりします。
ホルモンバランスの乱れでできてしまった吹き出物は、専用のニキビケア商品がありますのでそちらを使用すると良いです。

スキンケア(水分)不足
特に多いのが、洗顔のすすぎ残しです。丁寧に洗顔してもすすぎ残しがあると、吹き出物が簡単に出来てしまいます。
顔の正面はきれいに流せても、顔の両サイドは、鏡で見えづらかったりしますので、特に注意が必要です。
また、洗顔後の肌の保湿はとても大切です。乾燥肌状態にしてしまうと、肌を守ろうとして皮脂を大量に分泌します。皮脂が大量に分泌されることで、皮脂が毛穴を塞いでしまい、吹き出物の原因になってしまうので、保湿もしっかりおこないましょう。
すでに、できてしまっている吹き出物は、専用のクリームを塗ることで保湿も高めてくれるの、早く治せる可能性があります。

手や髪の毛、髭剃りなどによる外的刺激
あご周りの皮膚は、とても薄く皮脂腺も多くあります。皮脂が多ければ、その分雑菌も多く存在することにもなり、外的刺激を受けることで、いっきに吹き出物ができてしまいます。
あご周りは、手で触ったり食事の食べかすがついたりして、雑菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。
また、男性の場合は髭剃りを使うことが多いと思いますが、髭剃りは肌も気づつけてしまうため、そこから雑菌が入ってしまい吹き出物ができやすい状態になってしまいます。
ですので、吹き出物を作らないためにも肌はきれいに保ちましょう。

ニキビの種類
ニキビ(吹き出物)を治す方法|失敗しないスキンケア

ニキビは、毛包の出口である毛穴に古い角質が詰まって、そして細菌が増殖してニキビが発生します。
そのニキビ種類ですが、大きく分けて4種類があります。

白ニキビ
毛穴が詰まってしまい、皮脂が詰まっている状態のニキビです。この時、炎症はしていません。痛みもありません。

黒ニキビ
白ニキビの皮脂の表面が酸化してしまって、黒ずんでいる状態のニキビです。

赤ニキビ
白ニキビに細菌が感染することで炎症が起きてしまい赤く腫れあがった状態のニキビです。触ると痛みがあったりします。

黄ニキビ
赤ニキビがさらに進行して炎症が大きくなり、膿になってしまった状態のニキビです。

あなたのニキビは、どのニキビに該当しますか?1種類というより数種類に該当する人の方が多いと思いますが、黄ニキビになるほど肌の負担は大きくなりますので、早めのケアをしましょう。

医薬部外品でニキビを治す
ニキビのために病院に行くのをいる人もいるともいます。
最近では、ニキビ治す医薬部外品が多く販売されています。
医薬部外品でも十分ニキビをきれいにすることも可能です。商品によっては返金保証がついているのもあるので、ご自身の肌に合わなかった場合や、効果が全然現れなかった場合は、返金保証を使用されると良いです。

医薬部外品とは
医薬部外品は、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が含まれている商品です。病院に行かずに、使用することができます。
医薬品は、病気の「治療」を目的とした薬のことを指し、基本的に医師が処方するものが医薬品にあたります。
効果の関係
(効果が無い) 化粧品 < 医薬部外品 < 医薬品  (効果が高い)

ニキビを一日でも早く治したい!おすすめニキビケアのランキング
ニキビケアを選ぶポイント
高い商品を買っても、ご自身の肌と合わなければ意味ありませんし、一回だけ使用して捨ててしまうのももったいないです。
ですので、お試しができる、返金保証が付いているニキビケア商品を選ぶことをおすすめします。
そして「医薬部外品」も重要なポイントとなってきます。

医薬部外品であること
返金保証が付いている
ニキビケア以外に美容成分も配合されている

まとめ

ニキビケア商品には、様々な種類が存在します。
自分のニキビがどんなにキビなのかしっかり理解し、自分にあった商品を選ぶことが大切です。
また、ニキビはくりかえしできてしまうものです。今後ニキビが出にくいお肌にしたいのなら、生活習慣の改善やニキビケアは定期的におこなうことでニキビの発生を減らしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です